CASE STUDIES | JAZZ CAFÉ

  • JAZZ CAFÉ, MILAN
    PIONEER PROFESSIONAL AUDIO SOUND SYSTEMが、ミラノの名店JAZZ CAFÉを毎晩レストランからクラブに変身させる

    ユニークな会場にはユニークなサウンドシステムが必要ですから、ミラノの有名なナイトスポットであるJazz CaféがPioneer Pro Audioをパートナーとして選んだのは自然なことでした。 1996年のオープン以来、Jazz Caféは地元の人々にも街を訪れる観光客にも、ミラノのナイトライフにおける定番スポットとして知られています。 毎晩、300人に上る来店者がシックなレストランで贅沢な食事を、多くの場合音楽の生演奏と共に楽しみます。そして夜が深まるに連れ来店者の数は倍増し、店はクラブへと変身して、DJがベースの聴いたハウス・ミュージックからブラジリアン・ビートまで様々な音楽をプレイします。

    Page Top

  • THE CHALLENGE
    音量は上げても、控えめに

    しかし、最近になってJazzCaféの既存のサウンドシステムは店のニーズに応え切れなくなっていました。小型のスピーカーを過度に使用していたため、日中には音楽がうるさ過ぎ、夜には不十分な音量でした。そのため、店のオーナーであるベッペ・グラッソが新たなプロ・オーディオ・パートナーを探し始めた際、汎用性が高いものが必要であることを意識していました。「午後と夕方には会話ができる程度に音楽を流し、遅い時間には音量を上げお客さんが深い時間まで踊るので、それに適応できるシステムが必要でした」と彼は説明します。しかし、歴史的なコルソ・センピオーネ地区に位置するJazz Caféは、その立地ゆえの決定的な課題がありました。この迷路のようなレストラン兼クラブは築120年の建物の一階と地下にあり、上階と両隣には住居があります。ダンピング材の取り付けなどを含む改築は出来ないよう保護されているため、音漏れを防ぐことが非常に難しいことでした。「音楽は大きくなければいけませんが、隣人に迷惑をかけることは出来ません」とグラッソ氏は言います。彼はPioneer Pro Audioに相談を持ちかけ、近隣に音漏れすることなくJazzCafé内の複数の異なるスペースのそれぞれの雰囲気を守りながら、徐々に変化させることが可能な新しいサウンドシステムを構築しました。

    「Jazz Caféにとって音楽はとても重要です。私たちには、優れた音質を大きく出せて、なおかつ隣人に迷惑をかけないシステムが必要でした。」

    Beppe Grasso | オーナー | Jazz Café

    Page Top

  • THE SOLUTION
    様々な雰囲気に対応する分散型システム

    イタリアでは店内のサウンドシステムを入れ替えた際に、酒類販売免許を再申請しなければならない決まりがあるため、JazzCaféの新しいセットアップは騒音規制に違反しないことが必須でした。Pioneer Pro Audioのマネージャーのアレックス・バランドは、古いシステムから建物を伝わって響いていた周波数を特定するため、数日かけて会場の上階の住居や屋上までを含む各階で音響測定を行いました。彼は地元の審議会と密に協力し、チームが設計したXYシリーズのスピーカー49機から成る分散型サウンドシステムが、音漏れを防ぎながら会場内には十分なパワーをもたらすよう配慮しました。「XYシリーズは非常に汎用性が高いため、ここに設置するのに理想的でした。四隅に大きなスピーカーを置いて巨大なエリアを埋めようとすると、近い位置のお客さんには音が大きすぎてしまうので、様々なボックス・サイズから適切なものを選択することで、各スペースに適度な音量とパワーと完全なカバレージを実現することが出来ました」とバランドは言います。彼の同僚であり、イタリアのPioneer Pro Audioプロダクト&マーケティング・スペシャリストであるミシェル・コラーディは、店内で演奏される多様なスタイルの音楽を再現するのに、このセットアップがいかに理想的であるかをこう説明します。 「XYスピーカーは音がフラットなので、元のオーディオ・ソースに処理を加えず正確に再現することができますし、サイズのわりにサブが驚くほど強力なので、DJがクラブ・ミュージックをプレイする際にも十分な低音を提供します。」

    適切なボックスを選択し慎重に配置することで、Pioneer Pro Audioチームはシステムが近隣の住人に及ぼす影響を軽減し、建物を伝わって最も響いていた周波数を排除することができました。また、各スピーカーと壁掛けブラケットの間に2Hz〜20kHzの周波数レスポンスを持つ防振マウントを取り付け、そうでなければレンガを伝わってしまう音を消すことに成功しました。カスタムの壁パネルを使用することで、JazzCaféチームはシステムを完全にコントロールし、好きなときに雰囲気をレストランから少しずつクラブに変えていくことが出来ます。店内の各エリアでディナー・サービスが終了すると、彼らはボリュームを上げて低音を強調し、ゲストが席を離れてダンスフロアに移動するよう促すことが出来るのです。

    「私たちが実装した新しいシステムと音響処理は、大幅に音漏れを削減しました。」

    Alex Barrand | マネージャー | Pioneer Pro Audio

    Page Top

  • THE RESULT
    屋内はラウドに、屋外は静かに

    新たなサウンドシステムのお披露目パーティーが、イタリアのトップDJであるクラウディオ・ココルートなどのプレイによって実現し好評を得たので、Jazz Caféのオーナーのグラッソ氏はこの新しいセットアップをますます気に入っています。「Pioneer Pro Audioのシステムにはとても満足しています。店内ではパワフルで明瞭な音ですが、外からは音楽が聞こえないので、近隣住民もずっとハッピーになりました。」と彼は言います。しかし、違いは音漏れの大幅な減少だけではありません。システムを駆動するPowersoftアンプは、かつてバーの背後に格納されていた、巨大な変圧器を必要とし、まるでかまどのような熱を発していたA/Bアンプよりもずっと小型で効率的です。熱を帯びずに動くPowersoft KとMシリーズのアンプは小さな食器棚にぴったりと収納され、エネルギー使用量も大幅に削減しました。

    バランドによってシステムの使い方の訓練を十分に受けたグラッソ氏は、Pioneer Pro Audio導入の経験全体をどのように感じたのでしょうか? 「とてもいい経験でした。彼らは非常にプロフェッショナルかつ効率的で、どんな時でも私たちの疑問に答えてくれました」と言い、こうつけ加えました。 「このような有名ブランドとコラボレーション出来たことに満足しています。Jazz Caféはイタリアの心を持ちながら、国際的なひねりを持っていると思いますので、今回のパートナーシップは正しい選択だったと感じています。」

    「DJたちにもお客さんにも大好評です。今は、大きすぎる音楽に邪魔されることなく夕食を楽しむことが出来るようになりました。」

    Beppe Grasso | オーナー | Jazz Café

    Page Top

  • IMAGES

    Page Top

  • JAZZ CAFÉ 導入機器一覧

    MAIN ENTRANCE

    BISTRO ROOM

    CENTRAL ROOM

    WINE ROOM

    BAR/RESTAURANT AREA 1

    BAR/RESTAURANT AREA 2

    DINING ROOM

    Page Top

  • OTHER CASE STUDIES
  • 場所 :
    ミラノ – イタリア
  • 業種 : バー & レストラン

JAZZ CAFÉ 導入機器一覧

Download
case study PDF